ピアノ購入はじめの一歩 ピアノってどんな楽器?

ピアノ購入はじめの一歩
ピアノってどんな楽器?
ピアノ選びのポイント
ピアノのを探そう!
ピアノを買おう!
リンク集
ピアノってどんな楽器?

皆さんの周りでピアノを習ってる方、いっぱいいますよね?
ピアノほど一般家庭に普及した楽器はありません。
ですがこんなに普及しているにも拘らず、ピアノに対する正しい知識を持って購入している方は意外と少ないようです。

「ピアノの先生に勧められたから」
「みんなが持っている有名なメーカーだから」
「中古で安かったから」

ピアノは一生の宝物となり得る楽器です。購入後に後悔しないために、ピアノについての正しい知識を学び、よりよいピアノ選びをしましょう。

ピアノは何楽器?

まずはピアノがどんな楽器かを勉強しましょう。
さて、さっそく問題です。
ギターは弦楽器、フルートは管楽器、ドラムは打楽器。
それではピアノは何楽器でしょうか?

ギター
弦楽器
フルー
管楽器
ドラム
打楽器
ピアノ
?


一般には「鍵盤楽器」と括られます。正解された方も多いのでは?
でも「ハンマーが弦を打って音を出す」という構造になっているピアノは、弦楽器や打楽器の特徴も持っていると言えます。

ピアノの内部構造はかなり複雑です。
未だに1台1台を手作りで行っているメーカーもあり、世界3大メーカーの一つであったベーゼンドルファーでは、その生産台数は1年間でたったの300台といわれています。

内部構造については、このサイトでも随時情報を追加していきますので、興味のある方はそちらもお読みください。

楽器の王様、ピアノ

ピアノは俗に楽器の王様と呼ばれています。それはなぜでしょう?
ピアノが楽器の王様と呼ばれている理由、それは以下の点が挙げられます。

  1. 音域が広い
    • 下はコントラバスよりも低く、上はピッコロよりも高い音が出ます。このような音域の広さを持っているのは、一般的に普及している楽器の中ではピアノだけです。
  2. 音量幅が広い
    • 近づかないと聞こえないようなわずかな音から大きなホールに響き渡るような大音量まで、ピアノはその音量をコントロールすることができます。繊細さとダイナミックさを併せ持つピアノに、多くの音楽家が魅了されてきました。
  3. 初心者にもプロにも魅力的
    • 笛やギターを想像してみてください。これらの楽器は、一つの音を出すことですら技術を要する場合がありますよね。
      しかし、ピアノはどうでしょうか?そう、鍵盤を叩けば音が出るのです。それも同時にいくつもの音を出すことが可能です。初心者でも音を奏でる喜びを感じることができますね。
      また、ピアノは初心者のみを対象とした楽器ではありません。その音の深さ、多彩さは多くの音楽家を虜にしてきました。とっつきやすいけど、弾けば弾くだけ奥の深い演奏を楽しむことができるのです。
      どうですか?ピアノの特徴を捉えることができましたか?
      それでは今度は、一般的なピアノの種類を見ていきましょう。
ピアノの種類

一般的に流通しているピアノは、大きく分けて以下のように分類されます。

グランドピアノ
グランドピアノイメージ
  • 演奏会などで使用される大型のピアノ
  • 弦が地面と水平に張ってあり、音質・音量共に幅広い。一般的に弦が長い程よく響く。

アップライトピアノ
アップライトピアノイメージ
  • 家庭に普及している一般的なピアノ
  • 弦が地面に垂直に張られているため、グランドピアノよりも場所を取らない。

電子ピアノ
電子ピアノイメージ
  • ピアノの音色に特化したデジタルシンセサイザー。
  • 外部に音を漏らさず弾くことができるが、ハンマーが弦に触れて音が出ているわけではないので、ピアノに本来あるべき繊細な音の強弱などを表現することはできず、ピアノの練習には不向きとされる。
ピアノを探そう!ピアノを買おう!トップページ